磨きについて─ About Polish ─

磨き(下地処理:ポリッシング:鏡面磨き)

ボディの光沢感、コーティング効果に何より重要なのが塗装面のポリッシングです。経験と技術を尽くしても手間と時間、体力と根気のかかる作業です。本当のコーティング専門店と言えるのは『ポリッシング専門店』であり、お客さまが本当のコーティング効果や愛車の輝きを期待するなら、その要素を外すことはできません。JQCは磨く技術と経験、ノウハウがあり一台一台に愛情を込めた施工を目指している磨き専門のボディコーティング専門店です。

新車も磨きます。

ガードラップの糊跡や湿気による塗装の膨張

納車前仕上げなどによる洗車キズ

新車ボディでもコーティング施工にとっては無垢な状態ではありません。生産ラインに乗った以降、納車までに付いた微細なキズや付着物であったり、また塗装面を鏡面に見せるほど平滑さはなく、『美しさを引き上げるコーティング施工』には新車磨きが必要です。もちろん経年車に比べると程度のダメージの度合いは軽くなりますので、車販売担当の営業マンにコーティング専門店をご指定のうえ納車前施工をご希望されるか、納車後即に専門店に直接お預けいただくのが理想的です。

購入後も安心 ! 専門店でのダメージ除去

コーティング前やコーティング施工後でも気になるキズが付いた場合に、プロの判断によってキズの除去やキズ程度の軽減を行います。 いくら車を大切にしていても、いつしか気になる線キズが入ったり鈑金塗装が必要となるケースも予測は不可能です。そんな場合、専門店でコーティング施工していたことはすぐに信頼して相談できるメリットとなります。ボディの最終仕上げの専門店だからこそ正確に対応ができ、修理箇所は直ってもバフキズが目立ったなどお客さまが気になるご心配もなくお任せいただけます。

ドアノブにキズが入っている

ボディに線傷が付いた

塗装がくすんで輝きが落ちている

シミが付いている

洗車キズが入っている

エアロパーツの外し跡が残った

鈑金後にオーロラキズが入った

鳥糞、虫などで塗装にダメージが残った

ボールが当たり回転キズが付いた

磨きによるキズ除去

キズ除去前

キズ除去後

磨き作業とは塗装の上塗りクリア層のスクラッチ、線キズ、付着物などダメージを研磨して、光の反射を整え美しくする作業です。作業段階に応じてポリッシャーやバフとコンパウンドを交換し、1パネルずつ角度や光源が変わってもキズが見えにくいボディを作り出していきます。自動車メーカーや車種による塗装方式も多様で、またボディの状態もそれぞれとなり、一台一台に応じた磨きは専門店としての技術が問われるところです。

ディーラー施工を考えると

私たちが取扱うコーティングと比較すると各社、施工費用自体は上がっていますが、材料、そして何より磨きによる下地づくりにおいて、コーティング効果や美しさをプロの視点から判断すると簡易コーティング施工の域と言わざるを得ないのが現状です。簡易なコーティングと同等の施工方法なら、もっとコストパフォーマンスを高めることができますが、特別な美しさやコーティング効果に期待されるお客さまには不向きです。